2007年4月8日(日)

武蔵境駅南口交番

東京都武蔵野市境南町2-2-1

側面

交番といえば、たいていはコンパクトなものと相場が決まっている。と思いきや、JR中央線武蔵境駅前広場に建つ武蔵境駅南口交番(警視庁武蔵野警察署)は、その堂々とした巨体が目を惹く。

正面

交番の本体(執務スペース)は標準的な大きさだが、建物側面の窓枠がそのまま前後にはみ出して大きく見える。柱だけになった側壁は、廃墟に残された残骸のようだ。あるいは、レトロフューチャーなSFに出てきそうな、キャタピラの代わりに昆虫(たとえばオケラ)の足をつけた戦車のようにも見える。

正面の警視庁マークからビームを照射しながら、のっしのっしと歩き出しそうだ。

設計は石井和紘(1984)。