2008年4月12日(土)

網代弁天山公園

東京都あきる野市網代83

弁天山

秋川を遡っていくと、サマーランドの先、山田大橋を越えたあたりから、道は大きく川辺を離れて山道を行くようになる。その途中に「弁天洞窟→」という案内を見つけて更に山の方へ寄道をしてみた。

貴志島神社

怪しい洞窟探検のイメージを裏切って、まず目に飛込んできたのは真っ赤な鳥居を中心に咲乱れる花々。鳥居をくぐると長い山道が待っていた。どうやら間違ったくじを引いてしまったようだ。

しかしそれは、やがて大当りだったことがわかってきた。山道を下りてくる人が大きなカメラを持っている。弁天山はミツバツツジの山だったのだ。

貴志島神社の奥の院だという洞窟の辺りから山頂にかけて、少し薄暗い山道を明るく彩る鮮やかな紅紫の花が美しい。新緑との取り合せもイイ感じ。20分あまりの登りの疲れも忘れて歩が進む。

登り詰めた山頂からは、更にすばらしい絶景が待っていた。

洞窟にある大黒天像