2008年5月4日(日)

舎人公園

東京都足立区舎人公園1-1

噴水

知らないうちに新しい鉄道ができていた。JR日暮里駅から足立区内を北上して見沼代親水公園に至る、東京都交通局日暮里・舎人(とねり)ライナーだ。ゆりかもめと同じくゴムタイヤで走る新交通システム(案内軌条式鉄道)で、今年の3月30日に開通した。

大池

その終点近くにある舎人公園は広さ69.5ヘクタール。テニスコートや野球場、バーベキュー広場、浮球(うきゅう)の池と名付けられたガウディ風デザインのじゃぶじゃぶ池やソリゲレンデなどの施設が充実している。日暮里・舎人ライナーの開通効果も相まって連休の一日を楽しむ家族連れであふれていた。

公園の中央には大池が広がり、子供たちの歓声や注意を促す場内放送などで騒然とした公園のなかで、そこだけが静寂に包まれている。釣糸を垂れる人やぼんやりと水鳥を眺めている人など、遊んでいる人の振舞もほかのエリアとは違っている。

人それぞれに自分の楽しみ方を見つけられる公園だ。