2009年6月28日(日) | (2012年11月5日(月))

半蔵門警備派出所

東京都千代田区麹町1-2-1

半蔵門警備派出所

甲州街道をまっすぐに都心をめざして、皇居に突き当たった所が半蔵門。そのT字路に建つ警視庁麹町警察署半蔵門警備派出所は、銀座のSONYビルや駒場のオリンピック体育館の設計で有名な芦原義信の1992年の作品だ。

半蔵門警備派出所

長いこと気になっていたのだが、いつも派出所の前に大きな移動交番の車が停まっていてなかなか全貌を見ることが出来ない。それを今日、偶然にも見ることが出来た。

今日は何があったのか街中に警官があふれていて、半蔵門周辺の20号では、新宿御苑トンネル出口から桜田門あたりまで、所々にジャバラ式のバリケードまで置かれて物々しい雰囲気だった。派出所前の車も、そのなかのどこかに配備されたのだろう。千載一遇のチャンスだったのだが、派出所前の交差点にも怖そうなおまわりさんが立っていて、軽々しくカメラを構えられる雰囲気ではない。しかも土砂降りの雨にもたたられて、やっとこさこの一枚だけを撮ることが出来た。

青白の縞模様を水平に巡らせた四角い箱に三角屋根を載せた、子供の描く絵のようなかわいい交番だ。

(2012/11/5) 晴れた日の写真を撮ることが出来ました。いつもはこんなふうに車に囲まれています。