2009年8月15日(土)

いぼ石の滝(エボ石の滝)

東京都西多摩郡檜原村本宿720の対岸

水遊び

五日市から走ってきた檜原街道は、檜原村役場前の丁字路で左(南)へ曲がると急に寂しくなる。高い杉木立に囲まれ、山肌にしがみつくようにして延びる道をしばらく上って行くと、やがて「ばんば特産物直売所」というおみやげ物屋さんのある大きな集落が現れてホッとする。

いぼ石の滝

集落の名前は「檜原村笹野」、バス停は「馬場」。小さな田んぼの奥に、秋川に降りる小径があった。

両岸に岩壁が迫って猫の額ほどしかない河原に立つと、対岸に、大きな岩と木々に隠れたいぼ石の滝がちらりと見えた。清流が夏の光に燦めいている。深くなったところは、宝石のような碧色が美しい。

滝を正面から見ようと、水遊びをしている人たちに混じって川の中に入ってみた。冷たさに思わず悲鳴が口をつく。数分もしないうちに足が痛くなってくる。でも、幸せ。心にも体にも、クーラーでもかき氷でも味わえない最高の涼しさだった。

※ 現地の案内板には「いぼ石の滝」とありますが、檜原村観光協会HPほか各種資料では「エボ石の滝」とされています

案内板