2009年10月17日(土)

大津義男商店

東京都文京区本郷4-7-2

看板建築

春日通、真砂坂上交差点の角に、古い看板建築を見つけた。となりに建つ木造の宇都木家具店も古そうで、屋根が波打っている。

二軒

ファサードの銅板の上にかすかに残った看板の文字跡が「醫療器機」「大津貞次郎商店」と読める。もう商いをしていないのかと思ったが、庇の下には小さく「大津義男商店」の表札がかかり、店先には鉢植えが並べられていてまだ現役で営業しているようだ。

とは言っても、硝子戸の中は薄暗く、商品も見えないし人の気配もない。ビルの間に挟まれて、二軒の家は居心地が悪そうにひっそりと息を潜めていた。