2010年4月10日(土)

即清寺のハクモクレン

東京都青梅市柚木町1-4-1

ハクモクレン

お姫様は、「老醜をさらしとうない」と言って泣くだろうか。それとも、「老いてなお矍鑠としてあることを誇りに思うぞ」と背筋を伸ばされるだろうか。

遠景

吉野街道を走って梅郷を過ぎ、吉川英治記念館にさしかかる手前の山側、茶色くなった花を一杯につけた大木を見つけて、一瞬ギョッとした。まさかとは思ったが、少し春の遅い山里でハクモクレンが最後の姿を見せている。こんなになっても花を落とすことなく、咲き続けている姿を見るのは初めてだ。

ハクモクレンから少し下ったところには、若々しい桜が陽を浴びて輝いている。やがてこの桜が潔く花びらを散らす頃に、ハクモクレンもその花をぽとりぽとりと落としていくのだろう。

いつか、春先の白無垢姿のお姫様を見てあげたい。

青梅市教育委員会の説明板