2010年10月18日(月)

お台場のコスモス

東京都江東区青海2-2

パンパスグラス

お台場の東京国際交流館横の空き地でコスモスが咲き乱れている。地図を見ると「シンボルプロムナード公園」と表記されているが、どう見てもただの空き地にしか見えない。

コスモス

黄色とピンクのコスモス畑が広がる真ん中に小高い丘があって、ススキのオバケのようなパンパスグラスがその丘を埋めている。こんなにたくさんのパンパスグラスを見るのは初めてだ。丘の上に立つと周りが見えなくなってしまう。

1996年の世界都市博覧会の開催中止以来、お台場周辺の開発はいっこうに進まない。10年の期限付きだったはずのパレットタウンも、その後の開発計画が進展せず、ずるずると期限が延びて営業中だ。残された空き地をコスモスが埋めている。

コスモス畑にも周辺の建物にも人影が見えない。月曜日だから観光客はいないのかも知れないが、勤め人や住んでいる人もいないのか。いつまで、この寂しさは続くのだろうか。

※ その後、この空き地は駐車場になりました。寂しさはあいかわらずです。