2020年9月28日(月)

座間市のカラーマンホール

神奈川県座間市緑ケ丘1-1-1 座間市役所周辺

ヒマワリ

座間市の花は「ヒマワリ」。毎年花の時期には、市内数ヶ所の遊休農地を利用した「ひまわりまつり」が開催される。まだ見に行ったことはないが、数万本の花があたり一面を真っ黄色に埋め尽くすさまは、さぞかし美しい景色に違いない。

市のマンホールにはヒマワリがデザインされているのだが、ちょっとイメージが違う気がして気持ちが悪い。雨に打たれて傷んでいるのかもしれないが、あの鮮やかで健康的な黄色がくすんでいるところも、見上げるイメージのある花を万華鏡で見ているような構図にも違和感がある。

この感じ、どこかで覚えがあるなぁ、と思いを巡らせていたら、ゴッホの「ひまわり」が浮かんできた。あのヒマワリもわたしがイメージするヒマワリではないのだ。そもそもヒマワリが花瓶に活けてあるという状況がわたしの想像の範囲外だし、ダリアのように丸い花やグニャグニャと折れた茎、色の感じもドライフラワーのように見える。

いずれにしても、来年こそはコロナ禍が去って、黄金色に染まったひまわり畑を見られるようになるといいな。

わたしがイメージする典型的なヒマワリの写真