2021年5月17日(月)

ゴリラビル

東京都新宿区歌舞伎町1-10-8 台湾同郷協同組合ビル

歌舞伎町

コロナ禍が収まらない。

東京では去年の4月7日以来3回目の緊急事態宣言が出されている。「お酒を出す店は閉めろ」「ネオンは消せ」(※)といった内容を「まるで禁酒法時代のようだ」と話したら、職場の若者から禁酒法を知らないと言われてびっくりした。

ゴリラ

歴史の知識はもちろん、アンタッチャブルやゴッドファーザーなどこの時代を舞台にしたギャング映画も知らないという。麻生副総理のファッションがアル・カポネみたいだと言われても、何のことやらという感じだったらしい。

緊急事態宣言下、火が消えたように静かな歌舞伎町の一角で、ビルの上からVサインを送るゴリラを見つけた。エンパイアステートビルに攀じ登るキングコングというモチーフを下敷きにしたディスプレイだと思われるが、もうそれも若い人たちにはわからないかもしれない。

南洋の孤島・髑髏島からニューヨークに連れてこられたキングコングが、美女とともにエンパイアステートビルに登るクライマックスシーンが有名な映画「キングコング」の第一作目が発表されたのは、一世紀近く前の1933年だった。

年をとって若い人と話が通じなくなったなぁと思うものの、斯く言うわたしも、親世代とは話が合わないことも多い。そうしていろいろなものが忘れられていく中で、いつまでも残るものはなんだろうか。

(※)東京都は酒類を提供する店に対する休業要請とともに、夜間の外出を抑えるため、街中の看板の照明やイルミネーション、ネオンなどの電飾を午後8時以降は消灯するよう各方面に要請している