2021年6月30日(水)

ポケふた

東京都台東区上野公園7-20 国立科学博物館前 / 上野公園13-9 東京国立博物館前

科博前

上野公園にポケモンが現われた。

国立科学博物館前にはチゴラスとソーナノ。東京国立博物館前にはヤジロンとドーミラー。いずれもわたしの子育て時代以降の、2000年代のポケモンだ。

東博

チゴラスは恐竜に似た古代のポケモンだ。科博に展示された化石のなかに仲間がいるかもしれない、と思って上野にやって来たのかもしれない。「そうなの?お友だちは見つかったの?」とソーナノが言っている。

やじろべえのようなヤジロンは鳥かと思ったが、よく見れば遮光器土偶に似ている。ドーミラーは銅鏡だろうか。進化するとドータクン(銅鐸?)になる。マンホールの中央に、まさにこのために生まれましたとでも言いたげにぴったり収まっている。

動植物や鉱物、自然現象、古代文明など、ポケモンのモチーフは多彩だ。ポケモンをきっかけにして、子どもたちがその先の世界にも興味を広げていってくれたらいいなと思う。それには、博物館や動物園のある上野はうってつけの場所だろう。

コロナ禍が収まったら、わたしも博物館、美術館巡りを再開したいな。