2022年3月4日(金)

大根畑とキャベツ畑

神奈川県三浦市南下浦町松輪1368付近

鋸山

立派な大根が畑から身を乗り出して林立している。三浦半島といえば「三浦大根」と思っていたのに、ここまでキャベツ畑ばかりを見て来たので、期待した通りの景色に出会えてうれしくなる。海の向こうに見えているのは房総半島の鋸山だ。

キャベツ

三浦半島は全国有数の大根の産地だ。「三浦大根」という名前(品種)が有名だが、昭和54年(1979)の台風20号によって三浦大根は壊滅的な被害を受け、現在は生産量の99%が青首大根になっているそうだ。

キャベツの生産も盛んで、これから収穫時期を迎える春キャベツの生産量が全国トップクラスだとは知らなかった。

スイカの名産地としても知られている。

三浦半島と言えば海。三浦海岸の海水浴や、三崎のマグロ、油壺のヨットなどのイメージが強かったが、意外と農業王国だったのだな。