2022年4月10日(日)

尾根幹(南多摩尾根幹線道路)

東京都調布市多摩川3丁目(多摩川原橋) - 町田市小山町1153付近(町田街道交差点)

標識

わたしはオネカン(尾根幹)が嫌いだ。

わたしのサイクリングの基本は川沿いのサイクリングロードを走ることから始まっているので、坂道を上り下りすることは本意ではない。それでも止む無く、展望を求めて山に登ったり、違う水系の土地を訪ねて峠を越えることはある。

ラッシュ

坂道とは目的のために上り、達成したら下るもの。用が済んだら登り返すことはない。

ところがオネカンには、登るべき山も越えるべき峠もない。何の目的も無く坂を上り、何も達成していないのに下らされる。そしてまた上り坂の繰り返し。

それがわたしには堪えられない。

しかしそこに喜々として集う人たちがいるのだ。今日は日曜日ということもあって、たくさんのロードレーサーたちとすれ違ったり、追い抜かれたりした。特に景色が良いとかそういうことはないけれど、彼らの好きな「獲得標高」を稼げるトレーニングコースとして人気があるようだ。

東京2020大会(オリンピック)では自転車ロードレース競技のコースに選ばれ、一部では「サイクリストの聖地」とも呼ばれている。ま、わたしには関係ないけどね。