2022年5月11日(水)

ふくろう / ローマの公園

東京都世田谷区大蔵4-6-1 大蔵運動公園

ふくろう

丸の内のストリートギャラリーで「ローマの公園」を見た時、ベンチの中央に鷹揚に足を組んで座る女性の若さゆえの傲慢とも取れる態度と、隣り合う老人が漂わせる寂寞とした感じの対比が、刺々しいイメージとして迫ってきたことを思い出す。

ローマの公園

大蔵運動公園で再会した「ローマの公園」は、そんな対立を感じさせない柔らかな雰囲気をまとって木陰に憩っていた。それが公園に溢れる緑の効果なのか、見るわたしの側の気持ちの変化なのかはわからないけれど、わたしはこっちの作品の方が好きだ。

公園には二羽のフクロウの像も設置されている。

背の高い柱の上に載っているので、カメラを持ち上げて視点を高くしないとその表情を良く見ることはできない。自然界で見るフクロウも、高い木の上にいるので同じことだ。

森の中でフクロウを見つけ、梢を見上げて何をしているのだろうと思いを馳せる、その気持ちが作品のタイトルになっている。

ふくろう | ローマの公園 || 丸の内ストリートギャラリー