2011年12月27日(火)

富士山遠望

東京都大田区本羽田3-21付近(大師橋緑地土手)

富士山

昼を回って、富士山の姿もおぼろげになってきた。朝の澄んだ空気はもうどこかに消えてしまった。あぁ、布団の中でぐずぐずしていた時間が悔やまれる。

太子橋の上流側、大師橋緑地の土手から見る富士山が多摩川サイクリングロードから見る富士山の最下流側だろう。ここから下流でも見えないことはないけれど、電線や大師橋を吊るケーブルが邪魔をして、きれいな姿を見るのは難しくなる。

富士山は多摩川の対岸に見えて、神奈川県の西の静岡県のものだと思ってきたけれど、ここから見ると、多摩川の上流の奥多摩の向こう、山梨県の山の中にあるように見える。手前に見えているのは丹沢山塊だから神奈川の西にあることに変わりはないのだが、川の向きが調布あたりとは違っているので不思議な感じだ。

(多摩川から見る富士山) 多摩川清掃工場前