2012年12月11日(火)

幸國寺のイチョウ

東京都新宿区原町2-20

雄木

新宿区で一番の古木だという幸國寺のイチョウを見に行ってきた。黄葉は終わりかけているようだが、見栄えがしないのはそのせいばかりではないらしい。

雌木

門前には中が空洞になった切株が置かれ、木の状態があまりよくない旨の説明書きが添えられていた。特に西側の雌木(左写真)は太平洋戦争の際に北側からの戦火に立ち塞がり、身を挺して南側の家屋を守ったと伝えられており傷みが激しいようだ。

境内には平成10年(1998)に延命施術を行った旨の記録碑が建っているが、その後も予断を許さない状態は続いているのだろう。

幸國寺の開山は寛永7年(1630)、開基壇越(一番最初の檀家)加藤清正の下屋敷の地に建てられた。このイチョウには「清正公お手植え」という伝承が伝わっている。樹齢は500年以上と推定されているので計算が合わない気もするが、細かいことを追求するのは無粋というものだろう。樹勢を取り戻して見事な黄葉を見せてくれる日が待ち遠しい。

(新宿区教育委員会の説明板) 山門 | イチョウ || 銀杏の現状について