2013年3月18日(月)

皇居周辺 大寒桜・寒緋桜

東京都千代田区北の丸公園

大寒桜

皇居周辺の桜の名所といえば千鳥ヶ淵。まだ開花宣言が出たばかりでお花見はもう少し先になるけれど、その周辺で先触れの桜が咲き始めている。

寒緋桜

大手門付近でポツポツと咲き始めたしだれ桜を見ながら反時計回りにお堀端を進んでいくと、竹橋のたもと、近代美術館向かいの平川壕の脇で濃いピンクのカンヒザクラが満開になっていた。お堀端には黄色い菜の花も咲いている。

乾門交番前の小公園にはオオカンザクラ。笛を吹く女性の像が奏でているのは春の賛歌だろうか、と思って台座を見ると、「森の調べ」「勇気と力 技と健康を競う人人を 楽奏により迎えたたえる乙女」(制作 籠瀬満夫、寄贈 東京九段ライオンズ倶楽部、平成七年四月吉日)とある。

皇居のまわりを周回しているランナーたちを応援しているってことかな。

(参考)2013年の東京の桜開花宣言は、3月16日でした。

大寒桜 | 寒緋桜 || 千鳥ヶ淵緑道