2015年4月18日(土)

ゴジラ、新宿にあらわる

東京都新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿東宝ビル

ゴジラ

新宿にゴジラが現れた。

身長50メートル、体重2万トン。初めて東京に上陸した昭和29年(1954)当時には大きなビルが少なかったから、多くの人がその巨大さに驚き、恐怖したけれど、現代ではこんな感じ。ビルの谷間に埋没して、隣の人がカメラを向けていなければ気づかなかった、なんて言う人もいるぐらいだ。

見上げる

きのう(4月17日)オープンした映画館の屋上に設置されたディスプレイは、地上高52メートルということで、ほぼ初期ゴジラの等身大。ただし頭だけなので重さは約80トンだそうだ。

映画「ガメラ3」(1999)では、ガメラとギャオスが渋谷で大暴れする。その場面で、怪獣の存在に気づかなかったり、気づいても遠巻きに眺めて騒いでいるだけの群衆を見て、「バカだなぁ、さっさと逃げればいいのに」と思っていたけれど、確かにこんな状況だったら逃げないかもね。ほかのアングルからゴジラを見られるところがないかと、周辺をうろうろしたけれど、どこからもその姿を認めることはできなかった。

誰にも気づかれることなく迫り来る恐怖。恐怖の対象でありながら、一部の人には歓迎されている。これって、何かの暗喩なのかな。