2015年6月25日(木)

ガンダムフロント東京

東京都江東区青海1-1-10 Diver City Tokyo Plaza

背面

6年前に潮風公園で見た時は、マンガのキャラクターが実物大で現れたことにただただ感激して、その大きさに驚いただけだった。まわりに比べる物のない原っぱに立っていたせいか、想像以上に大きく見えた憶えがある。

Diver City

Diver Cityで再会したガンダムは、8階と21階建ての建物に並んで前回の印象よりも小さく見えた。「小さい」というよりは、「まぁ、このくらいの大きさなら"あり"かな」という表現の方がいいだろうか。実際に街中に立つことでリアルさが増している。今にも動き出しそうな雰囲気が漂っている。

ガンダムは人が乗って操縦するロボット(モビルスーツ)だ。身長18m、自重43.4t。人間がリアルに操縦できる許容範囲内かとは思うけれど、自分には無理だろうな。

映画「エイリアン2」(1986、監督:ジェームズ・キャメロン)でリプリーが操ってエイリアンと戦ったパワーローダーはほぼ等身大で、乗るというよりは着る感じ。たとえばあれを自転車だとしたら、ガンダムは大型のトレーラートラックといった感じだろうか。

自分の身体感覚を越える巨体を操るのは難しい。先日も川崎の工場地帯で大型トレーラーが器用に交差点を右左折していくところを見たけれど、どういう感覚で運転しているのかわたしには想像もつかない。

アトラクションとして目が光ったり首を回したりという動きはあるらしいのだが、誰か、本当に歩かせてみせてくれないかな。

※ ガンダムフロント東京は2017年4月5日をもって営業を終了、ガンダム像も撤去されました

2009年に潮風公園に現れたガンダム