2016年1月28日(木)

甲神社

神奈川県横浜市青葉区鴨志田町296

境内

昼の弁当を買いに入ったコンビニの前のバス停の名は「鉄(くろがね)町」だった。道路を渡って寺家ふるさと村方面に走る途中にあった神社が甲神社。鉄と甲、何かいわれがあるのだろうか。

甲神社

境内の由緒書きにも特にそれらしい記述はなく、ネットで調べても手掛かりはない。

鎌倉時代にこの辺りを治めていた鴨志田氏が武士をやめる際に甲をここに捨てたからその名がついたとか、その鴨志田の名はこの神社の下、つまり神の下(かみのした)が訛ってついた地名からきているとか、諸説紛々いろいろあるものの、鉄町と甲神社の関係に言及した情報は見つからなかった。

鴨志田の鴨の字は「甲」へんだが、こっちには何か意味はないのだろうか。などと、素人の当て推量でいろいろ考えてみるのも面白い。

甲神社 由緒