2016年2月26日(金)

波除神社

東京都中央区築地6-20-37

お歯黒獅子

築地場外市場のつきあたり、市場の入口前に鎮座する波除神社には狛犬がいない。鳥居は赤くないけれど、祭神に倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀る稲荷神社なのでキツネがいるかと思ったが、それもない。

波除神社

代わって境内の入口で睨みを利かせているのは、大きな獅子頭だ。

鳥居をくぐって右側の獅子殿に納められているのが、金歯の雄獅子「天井大獅子」。左側の弁財天に祀られているのは、黒い歯の雌獅子「お歯黒獅子」だ。並の狛犬や狐なんかよりよっぽど迫力のある強面で、しっかりと神社を守っている。

境内には築地市場に関連して、「すし塚」「活魚塚」「海老塚」「鮟鱇塚」「はまぐり石」など魚関係の供養塚がずらりと並んでいる。その中でひときわ目立つのが、大きな卵形の「玉子塚」。ん?魚じゃないけど?と思ったが、寿司ネタの厚焼き玉子にちなんで東京鶏卵加工業組合が平成5年(1993)に建てたものだそうだ。

中央区教育委員会の説明板 | 雌の大獅子『弁財天・お歯黒獅子』