2017年2月22日(水)

カワヅザクラ(河津桜)

東京都江東区木場4丁目・5丁目地先 大横川

スカイツリー

木場公園の東側、大横川沿いのカワヅザクラ(河津桜)が見頃になってきた。大横川から横十間川が分かれる大横橋の周辺に散歩の人たちが集まっている。今は、このあたりの咲き具合が一番良いようだ。

MTB

みな同じ種類だと思うのだが、橋の北側、仙台堀川までの区間の花は盛りを過ぎて見える一方、南側はこれからという感じで蕾が目立つ。花色も濃いものや薄いものが混じって様々な咲き具合が楽しめる。

最近カワヅザクラをよく見かけるようになった気がする。元々あったものに自分の知識が増えて気が付くようになっただけ、なのかも知れないが、若い木が多いので最近植えられたものも多いようだ。

先日、昨今のお雛様には「プリンセス顔」というのがあって人気だというニュースをTVで見た。最近の若い人の感覚では、目の細い従来の平安美人顔は怖い、それよりも目のぱっちりとしたリカちゃん人形のような顔がいいということらしい。

色の淡い花がすぐに散ってしまうソメイヨシノの儚さよりも、濃いピンクの花が長いこと咲き続けるカワヅザクラの健康美人的な元気さの方が現代の人たちの感性に合っているので植えられるようになった、ということもあるのかもしれない。