2005年3月13日(日)

ゲルンジー駐車場

東京都杉並区堀の内2-19

ゲルンジー駐車場

「東京自転車日記(泉麻人・新潮文庫)」に紹介されていたゲルンジー駐車場を見てきた。ただの駐車場を見に行くなんて酔狂な、と思われる方も多かろう。

この変な名前は以前ここにあったゲルンジー牧場に由来しており、ゲルンジーは乳牛のガンジー種がなまったものだと彼は書いているが、たぶん「ゲルンジー」が先なのではないかとわたしは思う。古い建物の名前にある「ビルヂング」と同じように由緒正しい(?)明治カタカナ語なのではないだろうか。

梅

ゲルンジー種はブルターニュ半島の北にある英領ガーンジー島(Bailiwick of Guernsey)に産する乳牛の名前で、脂肪が多くバターの製造に適したミルクを出すそうだ。

独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所が発表している英国のBSE発生状況統計(World organisation for animal health (OIE)からの引用)には、牛の産地としてグレートブリテン(Great Britain)、北アイルランド(Northern Ireland)、マン島(Isle of Man)、ジャージー島(Jersey)、オルダーニー島(Alderney)にならんで「ゲルンジー」(Guernsey)と書かれている。

BSEといえば、平成15年(2003)12月24日に米国産牛肉が禁輸となり、翌年の2月12日に吉野家が牛丼の販売をやめてから1年以上経った。吉野家は大変らしいが、あいかわらず焼肉屋は大繁盛だしステーキも食べられる。

なんか、ちょっと変。