2005年11月23日(水)

大河原公園

東京都多摩市関戸2-19-4

銀杏

木曽川に寝覚ノ床という景勝があるらしい。子供の頃、中央西線を走るデゴイチ(D51)を紹介する雑誌に掲載されていた白い石と蒼い水に紅葉が映える写真を見て、是非行ってみたいと思ったまま30年以上が過ぎてしまった。(紅葉とSLつながりでは、只見線にも行ってみたかった。)

石いしイシ

関戸橋を渡って多摩ニュータウン方面に走る時、決まって右手に見える奇観が気になっていた。用水跡を利用したらしい親水公園の、水辺に向かって観客席のように設えられた部分の、乱雑なような整然としているような不思議な味わいがいつも心に引っかかりながらも通り過ぎてしまう。今日はしなだれかかった黄葉がきれいだったので、ちょっと鎌倉街道から降りてみた。

写真に撮ってみて遠い記憶の中の“寝覚ノ床”に似ていたことに気がついた。それが気になっていた一因だったのかも知れない。

水路に沿って散策路があり、ポコポコ歩くにはちょうどいい。まだ黄葉しきっていない銀杏が、かえってイイ感じだった。