2003年12月20日(土)

滝坂

東京都調布市仙川町2-1

滝坂

江戸から信州・甲州の山国へ向う甲州街道だが、八王子あたりまでは坂らしい坂もなく平らな平野部を行く。それ故か滝坂は有数の難所として古くから有名だった。

滝坂の碑

難儀の度合いは、近代になって馬車や荷車が通るようになってより強まったようだ。乗合馬車の乗客が全員降りて車を押したとか、駄賃目当ての子供たちが集まって荷車を押したといった話が伝わっている。

傾斜を緩くするために現在の新道がつくられたことにより北側に残された旧道は、八王子以東では唯一昔の街道の面影を残す道となった。戦前まで坂上で旅人の休泊所を営んでいた馬宿川口屋による瀧坂の碑が、旧道の入口(坂の上)に建てられている。