2005年4月9日(土)

多摩川住宅の桜並木

東京都調布市染地3・狛江市西和泉1/2

桜のトンネル

地元のひいき目を割引いたとしても、多摩川住宅の桜並木は素晴しい。団地と一緒に建った染地小学校の開校が昭和41年(1966)だから、並木もそれなりに成熟して見事なトンネルをつくっている。

染地小学校の交差点から羽毛下用水に沿って、団地の外周を狛江方面へ多摩川の土手まで辿る区間が特に素晴しい。

給水塔

わたしの利用している京王線は終電が早いので、深夜、小田急線を使って狛江からTAXIに乗ることがある。多摩川住宅はその途中にあって、いつもなら真ん中を突っ切るところだが、ある時、桜の季節に外周をまわって夜桜見物をしゃれ込んだことがある。外周を走るのはその沿道に家がある人ぐらいだから、いつ声をかけられても良いように運転手はスピードを落として桜のトンネルを抜けていく。街灯の光に浮かび上がった妖しい景色にうっとりしていたら、眠っているのかと心配して声をかけられた。

「お客さん、そろそろじゃないですか?」「いや、まだまだ行ってください。夜桜を楽しんでいるんです。」

酔狂な客だと思われたことだろう。

(参考)2005年の東京の桜開花宣言は、3月31日でした。