2009年5月16日(土)

浅間神社

神奈川県横浜市西区浅間町1-19-10

右側

北軽井沢から一気に坂を下った浅間下交差点の角に、古墳を富士山にみたてた浅間神社が鎮座している。民家の屋根越しに、山の上の赤い鳥居が浮んで見える。

左側

その鳥居の脇に「中道入口」の碑が建っているが、それ以外には富士塚らしい遺跡は見あたらない。昔は海に面した断崖だったと言うだけあって景色は良く、横浜ランドマークタワーが間近に見える。

社殿の前で慶應二年(1866)の銘のある狛犬が睨みを利かせていた。阿吽それぞれが二匹一組になっている。よくある子連れ狛犬かと思ったが、なんだか様子がおかしい。

向かって左の狛犬はうずくまるもう一匹の背に足をかけ、相方は仰向けになった子犬を踏んづけている。じゃれていると言うよりは、征服したという感じだ。右目の汚れが眼帯のようで、隻眼の悪漢のように見えた。

浅間神社と富士の人穴 | 浅間神社由緒沿革