2010年8月14日(土)

タルクボ沢

東京都西多摩郡日の出町大久野4538の奥

無名の滝

平井川を遡り、つるつる温泉手前の「白岩の滝バス停」のところを左折して10分ほど走ると「白岩の滝遊歩道」の入口に到着する。トイレもある小さな広場に自転車を置いて、遊歩道の散策に出掛けよう。

大岩

遊歩道の名前になった「白岩の滝」と通称「白岩の滝」(雨乞の滝)までは5分ほど。ほとんどの人がこの二つの滝を見て引き返してしまうけれど、時間があるならばもう少し奥まで沢沿いの道を歩いてみよう。

小さな滝が連続する沢沿いの道は気持ちがいい。場所によっては谷が狭すぎて、その上を高巻く登山道からは滝の姿が見えず瀑音しか聞こえないところもあるけれど、渓流の音を聞くだけでも涼しさが伝わってくる。木や草や苔や、山全体から立ちのぼる香りが心にしみて、安らかな気持ちが満ちてくる。

どこまでも登って行きたくなってしまう気持ちをぐっと抑えて、適当なところで切り上げるのが難しい。

白岩の滝 | 雨乞の滝