2022年6月1日(水)

北条五代を大河ドラマに!

(北条五代) 神奈川県小田原市栄町1-1-27 UMECO前
(小田原城) 神奈川県小田原市城内7 小田原城址公園

北条五代

小田原市中で武将たちのマンホールが小田原城への道案内などに活躍している。どの武将もゲームキャラクター風のイケメンにデザインされているところが今風だ。

小田原城

小田原市は、北条早雲にはじまり秀吉の小田原征伐によってその歴史を閉じた北条氏によって発展した町だ。小田原の北条氏は、鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏(鎌倉北条氏)と区別するために後北条氏とも呼ばれている。

今年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主役は鎌倉北条氏の北条義時。

頻繁に大河ドラマの舞台になる鎌倉と鎌倉北条氏に対して、小田原も黙ってはいられない。「時代はこっちが先なのに「後」なのも気に入らない」と言ったかどうかはわからないが、市では平成25年(2013)に「北条五代大河ドラマ化推進宣言」を関係市町村とともに発表した。このマンホールはそれを後押しするために設置されたもので、早雲・氏綱・氏康・氏政・氏直の北条五代が一堂に会したデザインになっている。

小田原城址公園の郷土文化館近くで見つけたマンホールは去年(2021)設置されたばかりの新作だ。県内の高校生がデザインしたもので、小田原城、学び橋、小田原ちょうちん、梅の花などが描かれている。今後、市内のマンホールは順次新デザインに切り替わっていくそうだ。

小田原市のマンホール(従来のデザイン)