2011年11月3日(木)

江戸六地蔵(甲州街道)

東京都新宿区新宿2-9-2(太宗寺)

六地蔵

ひとつ目は気にかけず、ふたつ目で「おやっ?」と思う。そして、三つ目に出会ったところで「集めてみようかな」という気持ちになる。コレクションの始まりは、いつもそんな感じだ。

塩かけ地蔵尊

そうやって三つの江戸六地蔵が集まったので、四つ目は「たまたま」ではなく「この地蔵のために」新宿の太宗寺を訪ねてきた。新宿御苑のすぐ北側、今までに何度も目の前を素通りしていたところだ。

江戸から諸国へ旅立つ人々の安全を祈願するこの地蔵尊、目の前を通る新宿通は旧甲州街道のあとだ。現在の新宿の賑わいは、ここより西の駅周辺に移ってしまったが、江戸時代にはこのあたりが宿場町・内藤新宿の中心だったらしい。

お地蔵さんといえば、縛られたり倒されたり、いろいろにいじめられる「身代わり地蔵」の信仰が各地に伝わっているが、ここにも塩漬けにされた塩かけ地蔵尊が祀られている。六地蔵の正面、これから甲州街道が延びて行く西の方角に立っている様子は、街道が分け入っていく甲州・信州の山に降る雪景色を見せているかのようだ。

(江戸六地蔵) 太宗寺 | 品川寺 | 東禅寺 | 真性寺 | 霊巌寺 || 太宗寺にある他の文化財