2015年9月6日(日)

福島県南会津郡只見町/南会津町

雨

深沢温泉でお昼を食べた頃から、ぽつぽつと雨が降り始めた。ゴールまであと少し、なんとかもちそうな気がしたのでわたしはそのまま走り続ける。半分ぐらいの人が雨具を着はじめた。

疾走

みなさん結構イイ雨具を持っている。わたしの雨具は500円カッパ。自転車通勤で帰り道に降られ、コンビニで間に合わせに買った物だ。基本的に雨の日は走らないので、雨具への投資は優先度が低い。安い雨具は着心地が悪いので、どしゃ降りでもなければ着ないことが多い。…が、どしゃ降りでは使い物にならない。

悪天候はもちろん災害や事故に対する備えというものは、それが滅多にないことだから軽く見て良い、というものではないことは重々承知ではあるけれど、なかなかあるべきようにはいかないものだ。

ここにもうひと方、わたしの同じように雨具を軽く見た方がいる。風船のように脹らんだポンチョをバタバタと風になびかせて苦戦している様子は、こう言ってはなんだけれど微笑ましい。

悲劇なのに喜劇。世の中って得てしてそういうものなのかな。

仏地山 と 南郷トマト (第20回東京・南会津サイクルトレイン) サイクルトレイン