2005年11月26日(土)

給 田

東京都世田谷区給田3-29(新一里塚)

ケヤキ

給田と書いて“きゅうでん”と読む。調布にも飛田給(とびたきゅう)や上ヶ給(あげきゅう)という字(あざ)があり、官から支給された田地ということらしい。

良寛の樹

甲州街道の仙川と環八に挟まれた区間では、南側に並行して旧道が通っている。給田は、その西(仙川)側出口付近の地名だ。

街道に面した民家の門口に、里程標(新一里塚)の標石が建っていた。すぐ近くの仙川にも一里塚碑があり間隔が変だと思ったが、こちらは日本橋起点ではなく、明治時代に内藤新宿を起点に配置し直したものだそうだ。

※ 右写真の木が貫通した家は現在はなく、木だけが残されています。(2008)

(甲州街道の一里塚) ← 高井戸 | 里程標(新一里塚) | 仙川