2007年4月29日(日)

伊藤博文墓所

東京都品川区西大井6-10-18

伊藤博文墓所

旧品川道を走っていくと、新幹線の線路の手前に大きな森が見えてきた。高い塀と更に高い樹に囲まれて中は全く見えない。

墓所の森

正面に回ってみると、門の脇に「大勲位伊藤博文公墓所」の石碑が聳えていた。初代内閣総理大臣の墓所だ。門は固く閉ざされ、その内側にも高い生け垣があって見学はままならず、史跡の解説板もないのが残念だ。

広い敷地は彼の別邸の跡で、最後の将軍徳川慶喜の墓所より大きい。

昭和の人間としては“千円札の人”ぐらいの認識しかないが、そんなにすごい人だったっけ?