2012年10月10日(水)

東京駅

東京都千代田区丸の内1-9-1

東京駅

戦災で開業当時の姿を失った東京駅舎の復元工事が完成して、10月1日から営業開始・一般公開されている。建物の3階部分が復元され、南北両翼の丸ドームが復活した。

丸ドーム

古い煉瓦はきれいに洗われ、足りない部分には新しいものが追加された。屋根の銅板もピカピカでとても大正時代の建物には見えない。リニューアルオープンなのだから当たり前なのだが、ディズニーランドのアトラクションなら雰囲気を出すためにわざと汚したりするところだな、と余計なことを考える。

改修前に撮った写真と比べると、背景に新しいビルが随分と増えている。どれも現代の技術の粋を尽くした立派な建物なのだが、堂々とした東京駅の前では霞んで見える。皇居の正面にあって、帝都東京を代表する中央停車場として建てられたその偉容は、今も変わることはない。

駅前はカメラを構える人で一杯だ。観光客も仕事中の人も足を止めて記念写真を撮っていく。まだ駅前広場の整備が出来ていないので、みな、居心地が悪そうだ。

駅前がきれいになる頃には、屋根の銅板にも適度に緑青が吹いて更に風格がでてくるかもしれない。その頃、改めてまた見に来ることにしよう。

改修前の東京駅